おはようございます。
アニーです。
皮膚病は、アトピーを始め、道端アンジェリカの告白で話題になった乾癬や、はだが白くなる白斑等
免疫などで起きる皮膚病は数多くあります。
それぞれ対処法が違うので、気をつけないといけません。
主な皮膚病は、以下となります。
最終的には、皮膚科にゴー!ですが、最初に切り分けすると精神的に落ち着きます。

- アトピー性皮膚炎
  増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより)
- 脂漏性皮膚炎
  皮脂の分泌が多い部位(頭部、顔面、わきの下など)によくみられる皮膚炎で、紅斑(こうはん)と黄色調の油性フケがみられます。

- 乾癬
  遺伝的素因と環境因子を背景にして免疫系が活性化され、結果的に表皮が過剰に増殖することによって引き起こされる慢性炎症性疾患。紅斑、浸潤・肥厚、鱗屑、落屑が見られる。

- 紅皮症
全身の皮膚の9割以上が赤くなり、粃糠様(細かい米ぬか状)、落葉状の落屑がみられる状態です。